« 木曽の漆 | トップページ | 東京ピントレ »

木曽漆器 その弐

長野オリンピック当時木曽の漆器がメダルに採用されました
重箱も木曽の漆器でした プラスチックを漆で塗ったものだが

これらは、モノホンの木に漆加工をした物であり、非売品
Img_0412Img_0419IOC委員へのお土産であります
鶴が描かれた小物入れか
ペンは違いますよ>

Img_0422Img_4778Img_4779これもIOC委員用
菓子皿と宝石箱か



Img_4780Img_4781Img_4789_2Img_4793御香入れと
アイスパック
IIHFから注文
で作製された

いずれも、非売品のIOC公認ノベルティっていうのかな
小物入れは数が少ないようでした。これも手元にはもう
ありません>持ってりゃよかったな~

|

« 木曽の漆 | トップページ | 東京ピントレ »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107496/58664476

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽漆器 その弐:

« 木曽の漆 | トップページ | 東京ピントレ »