« アイルトン・セナ | トップページ | 世界バレー »

F1は文化なのか

セナとプロスト  マンセルとセナ この対決は毎回ドラマがあり
見ている方もドキドキもんであった。毎回夜中にテレビにかじり
ついて見てた。月曜日は眠かったものである。

こないだの世界体操は中継すらなかった。内村の個人2連覇
見たかったオリンピックだったらデカ騒ぎになっていたのになぁ、、、

サッカーもJ1は全然見ないけどワールドカップになると徹夜して観る。
野球クライマックスシリーズも中継してないし、もっとも中継しても見ない

熱しやすく冷めやすいんだよな。
継続してないから気持が萎えちゃう、、、

ピンバッジだけは続いてるなぁ  これだってりっぱな文化だよね
まぁ、文化も多様化してるってことか
F1もヨーロッパ辺りでは国技だが、日本はマーケティング扱いされてる
サッカーの長友は本物だね。中田英なんか向こうのマーケティング
扱いでさ、ジャパンマネーが欲しかったんだよね。

|

« アイルトン・セナ | トップページ | 世界バレー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107496/49819837

この記事へのトラックバック一覧です: F1は文化なのか:

« アイルトン・セナ | トップページ | 世界バレー »