« 鈴鹿F1が終わった | トップページ | F1は文化なのか »

アイルトン・セナ

あなたは もう 忘れたかしら、、、
音速の貴公子・HONDA黄金期を支えていたF1ドライバー
彼はHONDA研究所・和光まで行って宗一郎氏とハグをしたのだ
彼は日本を愛していた  >HONDAのエンジンを愛していた

マクラーレンからウィリアムズに移籍し’94イモラのタンブレロで
散ってしまうのであった。

今回ラテン系のチリ鉱山救出を見て同じラテン系でもセナは寡黙
な男であったな  と。今でもセナグッズは人気がありますね

私は、カクテルのアイルトンセナを造ってもらう事が楽しみである
これを注文するとほとんどのバーテンが首をかしげる。セナを知ってる
バーテンはそれなりに造ってくれる。黄色と緑の層になったのが来る

|

« 鈴鹿F1が終わった | トップページ | F1は文化なのか »

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107496/49746796

この記事へのトラックバック一覧です: アイルトン・セナ:

« 鈴鹿F1が終わった | トップページ | F1は文化なのか »